一人親方の労災保険

 

  一人親方の「特別加入制度」

 労災保険は、本来、労働者の負傷、疾病、障害または死亡に対して保険給付を行う制度です。そのため、自身が事業主である「一人親方」は保険の対象に含まれません。

 

 しかしながら建設業の一人親方は業務形態や災害発生状況が労働者に限りなく近いため、国は一人親方に対しても特別に労災保険の加入を認めています。

 

 その制度が一人親方労災保険特別加入制度です。

 

 

  「一人親方」とは

 労働者を使用しない事業を行うことを常態とする自営業者及びその事業に従事する家族従事者のことをいいます。

 なお、労働者を使用する場合であっても、年間の使用日数が100日未満であれば、一人親方となります。

 

 

  一人親方労災保険に加入するには

 一人親方の 特別加入制度は、都道府県労働局長の承認を受けた団体しか取扱うことができません。したがって、事業所や個人で個別に特別加入することはできません。

 

当組合は特別加入団体の認可を得たうえで一人親方労災保険の取扱を行っていますので、当組合にお申込ください。

 

労災保険の特別加入は、「国」の制度です。安心してご利用下さい!!

 

 
 
一人親方の特別加入制度に加入できる条件
  1. 建設業を営む一人親方であること

  2. 使用労働者0人または、年間延べ労働者100日未満であること

  3. 労災保険料等の納付期限を厳守できること

  4. 事務委託可能なエリア内であること

 

 

委託可能な地域

兵庫県、大阪府、京都府、岡山県、鳥取県

 

tizu

 
 
  建設業の範囲
  • 大工

  • 土木工

  • 塗装工

  • 石工

  • 配管工

  • 左官

  • 鉄骨加工

  • 建設機械オペレーター

  • 建具工

  • 電気工事工

など

 
 
  給付基礎日額・保険料
1人親方給付日額