労働保険の加入条件

労働保険は政府管掌の保険制度で、労働者(パート、アルバイト含む)を一人でも雇用していれば、事業主・労働者の意思、法人または個人事業を問わず、必ず加入しなければなりません。

 

 

 ★ 加入手続を怠っていた場合は・・・

事業主が故意または重大な過失により「保険関係成立届」を提出していない期間中に労働災害が生じ、労災給付が行われた場合は、事業主は、遡及して労働保険料を徴収されるほかに、労災給付に要した費用の一部または全部を徴収されます。

 

労働保険の加入手続きを怠っていた場合は

 
労働保険とは

労災保険とは

労働者が業務上又は通勤途上で負傷したり、病気に見舞われたり、あるいは不幸にあわれた場合に被災労働者や遺族を保護するために必要な保険給付を行うものです。

 

労災保険の対象者

正社員、パートタイマー、アルバイト等の雇用形態を問わず、全ての労働者が対象となります。

なお、事業主や家族従事者、取締役等は、原則として労働者とはみなされないため、対象外です。

 

労災保険の主な給付

労働保険の主な給付

雇用保険とは

雇用保険とは

労働者が失業した場合に労働者の生活の安定を図るとともに、再就職を促進するため必要な給付を行うものです。

 

雇用保険の対象者

1週間の所定労働時間が20時間以上でかつ31日以上継続して雇用する見込がある従業員。

なお、事業主や家族従事者、取締役は、原則として、労働者とはみなされないため対象外です。

 

雇用保険の主な給付

雇用保険の主な給付

 

 

中小企業主の労災保険はコチラ